Loading ...

注文住宅はどこに依頼する?失敗しないための選び方のコツ


注文住宅で重要なポイントとは

注文住宅を業者に依頼するときにはどんなポイントを押さえておく必要があるのでしょうか。重要なポイントが何かがわかると業者の選び方についても理解しやすくなります。注文住宅を依頼する業者に求められるポイントはたくさんありますが、特に気にかけておきたいものはたった二つだけです。希望に応じた住宅設計ができることと、設計に応じた施工が可能なことの二つなので、これらについてもう少し深く解説していきます。

住宅設計ができるとは

住宅設計ができるのはどの住宅業者でも同じではないかと考えるかもしれませんが、重要なのは希望に応じた設計ができることなので注意しましょう。どの業者でも建築士を雇用しているのが普通で、きちんと住宅を設計できることは確かです。ただ、希望に対して適切な設計を考えるにはかなりの熟練が必要になります。きちんと希望をヒアリングし、その希望を叶えられるようにするにはどのような住宅設備を整え、レイアウトをどんな形にするかを考えられなければなりません。

住宅業者は独自のコンセプトや培ってきた技術を持っていることが多くなっています。注文住宅を依頼されたときにもできる限り自分たちが持っているコンセプトに合っている住宅を建てたい、強みとしている技術を活用して実績を作りたいと思っている場合がほとんどです。それが理由で希望をないがしろにされてしまうこともあるので注意しましょう。失敗しないためには自分が考えている住宅に対するイメージと合致するようなコンセプトを持っている業者を選び出すことです。基本的な考え方が同じであればきっと希望しているような住宅設計をしてもらうことができます。

設計に応じた施工が可能な業者とは

いかに住宅設計に関して優れている住宅業者だったとしても、その設計通りに施工ができる業者でなかったらあまり魅力がありません。施工に関してよくあるのが設計をした業者が自ら手がけるのではなく、下請け業者に依頼して施工してもらうという形をとっているパターンです。特に大手の住宅業者では下請け業者を持っていることが多く、施工が必要なタイミングで手が空いている業者に依頼する傾向があります。それでも下請け業者がしっかりとした実力を持っていれば問題はありませんが、予定通りに施工してくれなかったというトラブルは比較的多いので注意が必要です。

下請け業者が施工する形を取っていると、下請け業者への設計の説明は設計した業者が行うことになります。依頼主が直接下請け業者に希望を伝えるわけではないので、又聞きで理解した内容に従って施工する形になってしまうのです。失敗しないためには設計をした業者が自ら施工も手がけているところを選ぶに越したことはありません。

ローコスト住宅は人件費や材料費等を抑えて安く販売する住宅のことです。デザイン性や間取りにこだわらなければおすすめの住宅といえます。断熱や耐震性などの品質について事前に十分検討する必要があるでしょう。