Loading ...

賃貸物件は収納面が不便?工夫次第で充分なスペースが生み出せます


長方形や正方形のお部屋が収納面で便利

同じ地域の賃貸物件でも、建物によって部屋の形は様々です。家具の収納や暮らしやすさを考えた場合、長方形や正方形の部屋が便利です。いわゆる四角形の形の方が、家具や家電などを効率よく置けるためです。部屋の壁際にテレビや本棚やソファーなどを並べていけば、空間が有効活用できます。今現在量販店で販売されている家電やインテリア雑貨は、基本的に四角形の部屋に合うようにデザインされています。正方形や長方形の洋室が多い賃貸物件なら、北欧ブランドの大型家具も安心して設置出来ますし、各家電も部屋の四隅に置く事でリビングの空間が広く確保出来るでしょう。

ワンルームマンションの場合、部屋の空間が通常の賃貸物件よりもコンパクトになります。限られた空間を有意義に使うためには、メタルラックやカラーボックスの活用が最適です。家具一つ分のスペースで、通常の棚や箱の二倍から三倍程度の収納力が確保出来ます。メタルラックやカラーボックスも量販店やネット通販サイトで安く販売されています。一般消費者でも購入しやすく、洋室のワンルームマンションにもピッタリ合います。クローゼットや物置が併設されていない安価なワンルームマンションでも、入居後、工夫次第で充分な収納力を発揮させられますので、費用対効果を最優先して物件選びをするのも一つのアイデアです。

家電や家具付きの賃貸マンションを選ぶ

賃貸物件の中には最初から便利な家電や新しい家具が用意されている住まいがあります。一般的なワンルームマンションの賃貸物件より家賃は高くなりますが、標準仕様で衣食住にかかわる必需品が設置されていれば、掛けるランニングコスト以上のメリットがあります。そもそも別途生活用の家具や家電を買い足す必要がほぼありませんので、収納方法や場所を考える必要がありません。最初から大きなクローゼットや収納用の物置が設置されていれば、少し荷物が多い方でも安心して入居出来ます。部屋数が少なく、一見不便そうに見える間取りでも、物置やクローゼットが完備されており、充分な空間があれば家財道具一式をすんなりと片づけられます。

洗濯機や電子レンジや冷蔵庫やテレビなどが予め部屋に置かれていれば、レイアウトや収納方法を考える手間が不要になりますので、インテリアや収納が苦手な方々でも大丈夫です。また実家から、テレビや大型の棚や冷蔵庫などを持ち込む必要が無くなりますので、引越しの手間や引っ越し料金なども上手く節約出来て一石二鳥となります。

北海道のなかでも特に住みやすいといわれているのが札幌市の東区です。利便性の高さから転勤族に人気エリアとなっているため、地下鉄東西線西側の家賃相場は高めであるということが札幌東区の賃貸の傾向といえます。